ESP32を使用したセンサー・アクチュエーターの入門講座。水耕栽培の自動制御装置を題材に様々な周辺機器の制御方法を学びます。

講座内容

水耕栽培等で使用されるセンサー、モーター、電磁バルブ等の制御方法を学ぶ講座です。
講座「IoT入門-ESP32を使った初めてのフィジカルコンピューティング」で使用した各部品の動作原理と制御方法を学びます。
応用として、上記講座で使用しなかった部品類についても学びます。

<こんなことを学びます>
下記センサー、モーター、電磁バルブ等の動作原理及びマイコンでの制御方法

使用するセンサー等
・気温センサー
・水温センサー
・湿度センサー
・気圧センサー
・CO2センサー
・エアポンプ
・ウォーターポンプ
・CO2用電磁バルブ
・冷却・換気ファン
・植物育成用LED
・ECメーター

※安全と法令順守の観点から、制御対象の機器・部品類はDC12V(及びそれ以下)に統一し、AC100Vの制御は行いません。

※ご自宅で水耕栽培や植物工場を始めたい方向けの連続講座を用意しました。
本講座はそのうちの一つです。
連続講座ですが、お好きな講座だけ選んで受講することができます。
水耕栽培入門-自動制御装置で作る手間いらずの水耕栽培システム

・「IoT入門-ESP32を使った初めてのフィジカルコンピューティング」(本講座で学習した回路をネットワークに接続し制御等を行う)

・「Arduinoで10種類のセンサー・アクチュエーター・LEDを制御」(本講座)
・「IoT入門 ESP32、RaspberryPiで作るダッシュボード」(環境情報や水耕栽培の状況をリアルタイムで監視するダッシュボードシステムを構築する)

<こんな風に実施します>
座学と演習を繰り返します。
専用基板とサンプルプログラムを使用することで、効率的に学習します。

講座で使用した部品類はすべてレンタルできます(受講料に含む)が、
当日会場で購入することもできますので、ご自宅での復習が可能です(詳しくはお問い合わせください)。

ESP32をArduino環境で開発します。

<持ち物>
・筆記用具
・PC(Windows10以降。Macの方は、ご自身のパソコンの操作ができる方に限ります。USB Aプラグを接続します。)

<定員数>
基本6名

カリキュラム

  • 所要時間:約7時間
  • ・センシングの基本構成
  • ・シリアル通信の基本
  • ・各種センサー
  • ・各種モーター、電磁バルブ等の制御
  • ※進捗状況により時間は異なります。

受講料

所要時間:約7時間  受講料:¥28,000(消費税込み)

対面受講料に含まれるもの

受講料、部品レンタル、工具・機材使用料、工房使用料、傷害保険

オプション(参加費に含まれないもの):
 PCレンタル:3,300円
  ※PCをご持参いただけない方

※レンタルPCは数に限りがございますので、あらかじめご連絡ください。

講座で使用した部品類は当日会場で購入することもできます(詳しくはお問い合わせください)。

日程・申込

お申し込みはこちらから